読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HETAREDREAM

夢のあるヘタレが世界で活躍する起業家になるまでの物語

第一話 世界で戦える起業家に成る

題名に掲げたように、世界で戦える起業家に成る。

f:id:hetaredream:20141025153457j:plain

世界で起業するためには、英語力が必要だ。

起業するためには、沢山のアイデアが必要だ。

ITで立ち上がるなら、Computer Scienceのスキルが必要だ。

なんて、大人は言うけれど、これらが全て「方法論」である。最近思うのは、起業に必要な物は"覚悟"だ。あなたは起業家になる覚悟があるかという質問に対して、逃げずに、真っ直ぐ、芯を持ってYESと答えることだ。人を巻き込み事業を生み出すことには、それだけの責任を背負う覚悟が必要なのだ。

f:id:hetaredream:20141025153615j:plain

矛盾していることは、起業する覚悟をしているにも関わらず、今すぐ起業をしたくないと考えていること。最近の悩みは全てここに尽きる。人生に蓋がされているような感覚。飛び上がれない現状に苛立ちを覚える。それでは、何故、いま起業をしないのか。今まで、Global StudentsLingwaveSkitと3本建てで団体を立ち上げてきた。学生時代に、最高な仲間たち(特にトンゆうた)と、今もなお継続し続けている学生団体や個人事業を立ち上げる機会に恵まれたことには、大変感謝している。しかし、残りの人生全てを賭けるには、自分にとってはどれも、規模が小さすぎた。だから、Skitの運営を仲間たちに託し、支えられ、いまSan Franciscoの地で留学している。(思い返すと、本当にいろいろな人に助けられて生きている。)

f:id:hetaredream:20141025153725j:plain

それでは、何が起業への覚悟を埋めるのか。此れが次の人生への問である。自分の事業の拡大に拍車をかけることではなく、社会にでることを選択したことには理由がある。

  1. 社会人経験を積みたい。具体的には、会社全体を俯瞰するために、広報(Marketing)、営業(Sales)、財務(Finance)、システム開発(Development)の全てに3年以内に携わる。そのために、SMSへの入社を覚悟した。
  2. 資金をためたい。夢と希望も必要だが、現実的には会社を立ち上げるためには資金がいる。そのために、入社後3年以内に1000万円貯蓄する。具体的には、SMSからの給与が賞与を抜いて500万円。Skitからの利益が300万円。内3割が手取りだとすると年収約600万円。実家で暮らして、毎月20万円に収める生活を送れば、3年間で約1080万円貯められるはず。(噂の取らぬ狸の皮算用というやつです。)
  3. 伸びる分野で勝負したい。仕事が面白いかどうかを決めるのはセグメントではない。自分がどれだけ本気で打ち込むかである。ということで、勝てる市場でやり切る。今後伸びそうな医療・介護・高齢者への情報インフラ事業を選択したのはこのため。

この3つをやり切るために、SMSを選択した。この選択は正しい。企業に従事する間は、プロ意識を持って、会社のために身を粉にして働く。そもそも、物事に打ち込んでいる時が一番楽しいというマゾ気質を持ち合わせているため、ステージが用意されていることは本当にありがたい。覚悟はできています。(きっと泣きそうになるだろうけど。)

f:id:hetaredream:20141025153949j:plain 

それじゃあさ、会社で働くまでの半年間、何をすればいいのさ。幸運にも大学の単位を全て取り終えたため、最後の半年間が暇だった。この問に対して、出した答えが「Silicon ValleyでProgrammerとしてInternをする。」ということだった。(なんか横文字を並べておけば格好良いと思った。) そして、4月頭にトビタテ留学JAPANの応募に申請し、有難いことにご縁を頂きいまSan Franciscoにいる。ということは、今やるべきことは紛れも無く「San FranciscoでRuby,Railsを扱うProgrammerとしてInternをする」ことだ。ここにロジックはない。多分、作れる起業家のほうが今後何かと活躍できる気がしただけだ。そのために、Interfirmで4月から5ヶ月間Programmerとしてフルコミットしてきた。9月からの2ヶ月間も、ただ突っ立っていたわけじゃない。YJ America様、Benesse様、Chatwork様、500startup様、Noisebridge様、RailsSchool様、CodeSchool様、沢山の方々からご縁を頂き、学び、お世話になった。そして、2ヶ月が経った今、"覚悟"の時だ。San FranciscoでRuby,Railsを扱うProgrammerとしてInternをする。

f:id:hetaredream:20141025154100p:plain

最近モヤモヤしていることが解決してよかった〜。とにかく、企業に当たりまくって、11月15日までに、Ruby,Railsを扱うプログラマーとして、インターン開始します!

 

チャオ

@San Francisco, Silicon Valley